シグナルの池田鉄洋(鑑識の小島役)はイケメン?結婚やプロフィールも

出典:「シグナル」公式ツイッター

 

ドラマ「シグナル」に長期未解決捜査班鑑識の小島役で出演している池田鉄洋さんが実はイケメンではないかとの噂があります。

ネットでも「池田鉄洋さんが凄くツボ」「キャラ変わったわ!」など池田鉄洋さんの変貌した役に注目が集まっているのです?

「シグナル」の池田鉄洋さんはイケメンなのか結婚やプロフィールもまとめてみました。

スポンサードリンク

シグナルの鑑識の小島役の池田鉄洋さんはイケメン?

出典:「シグナル」公式インスタグラム

 

「シグナル」で主人公・三枝健斗(坂口健太郎)と同じ長期未解決捜査班の鑑識担当の小島信也を演じている池田鉄洋さんがいい味の演技で注目されています。

連続女子殺害事件の犯人をプロファイリングする三枝刑事に、被害者が「どこか同じ場所を通ったとか、そこで犯人に目を付けられたとか」とヒントを与えた小島。

そこから被害者の共通点として同じ98番線のバスに乗っていたことが判明します。

ナイスジョブ!すぐさまバス路線図を調達してきた小島は“クセ者ぞろい”の布陣の中で三枝に良いアシストをしますね。

このあたり「相棒」の米沢守(六角精児)を彷彿とさせます

A さん
イケテツの変貌ぶりにビビる

B さん
池田鉄洋さん いつものキャラと違うわ

プロフィールも

ここで、池田鉄洋さんのプロフィールをご紹介します。

生年月日 年齢:1970年10月31日生まれ 47歳

出身地    :東京都練馬区

身長     :175cm

職業     :俳優、演出家、脚本家

配偶者    :あり(2014年~)

趣味     :映画鑑賞、ニアレトログッズ収集、漫画書き

特技     :剣道初段、水泳、スキー

代表作    :「TRICK」「医龍」

最近作    :「アンナチュラル」

所属事務所  :ホリプロ

池田鉄洋さんは元々劇団「猫のホテル」に所属し多くの演劇、ドラマ、映画に出演して活躍して来た俳優ですが、そこで「コメディの脚本が書きたかった」という思いを実現させるためコントユニット「表現・さわやか」を結成

劇団を退団した後も「表現・さわやか」を主宰し続けている脚本家でもあるのです。

その他にも2016年8月に 明治座で公演したミュージカル「TARO URASHIMA」の脚本も担当しています。

スポンサードリンク

池田鉄洋さんの演技

池田鉄洋さんと言えば「医龍」の木原毅彦役を思い出すファンも多いと思います。

岸部一徳さんが演じた野口教授に仕えて目立たない存在でしたが、始めは嫌っていた主人公・朝田龍太郎(坂口健太郎)の手術にも助手として参加するようになって外科医としての腕を次第に発揮するようになり、池田さんが名医に思える演技をしています。

2017年の「小さな巨人」では芝警察署の副署長・杉本学役で悪役を好演していましたし、「アンナチュラル」では雑誌社の編集長・末次役では連続殺人事件の犯人ではないかと疑わせるほどのヒール役を池田鉄洋さんは巧く演じました。

どこか含みのある謎のある役が似合う役者さんなのですね。

今回の「シグナル」では鑑識担当で直接事件捜査には加わりませんが、主人公の三枝のプロファイリングに影響を与える証拠を鑑識から見つけ出す小島の役柄に期待したいと思います。

まとめ

個性派俳優の池田鉄洋さんは演劇の創作活動の中でも自分のスタイルを貫くタイプで、一見独身者のように見えますが、2014年に現在の奥様と結婚して家庭を築いていました。

それでも善人から悪役まで幅広く演技できる巧い役者なのでイケメンに見えるのでしょうね。

関連記事

シグナル2話の感想

シグナルでラーメン屋の北野みどり役がかわいいけど誰?プロフィールあり

シグナルの原作ドラマでは結末はどうなるの?あらすじまとめ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください