義母と娘のブルースで佐藤健の友人は誰?川村陽介のプロフィールも

TBSの火曜ドラマ「義母と娘のブルース」で麦田(佐藤健)の友人の友井智善は誰なのか話題になっています。

1話でロケのAD役に扮し麦田にエキストラが足りないと呼びかけていた友人です。

登場したシーンはそこだけだったのですが、何故か印象に残る場面でした。

「義母と娘のブルース」で麦田(佐藤健)の友人・友井智善を演じる川村陽介さんはどんな俳優なのでしょう?川村陽介さんのプロフィールも併せてまとめました。

スポンサードリンク

義母と娘のブルースで麦田(佐藤健)の友人・友井智善は誰?

7月10日からスタートした夏ドラマ「義母と娘のブルース」。

主演する綾瀬はるかが演じる岩木亜希子の娘となるみゆきへのズレてる接し方や、父親・宮本良一(竹野内豊)の優柔不断な態度。

それにみゆきと虐めっ子の黒田大樹との不自然な喧嘩などツッコミどころは沢山あったものの、脇役がしっかりしていて面白くなりそうな予感がしてきました。

特に、不動産屋のおばちゃん下山和子(麻生祐未)の軽妙で巧い演技はこのドラマには絶対必要だなあと感じました。

 

そこはともかく、バイク便の青年・麦田(佐藤健)の友人でロケ中に偶然出会った友井智善が誰なのか?ドラマを見ていて気になった人も多くいると思います。

AD役の友井智善は川村陽介さんが演じていました。

帽子のつばを野球のキャッチャーの様に反対にかぶって、いかにもロケ現場のADの雰囲気を出していた川村陽介さん。

親友の麦田への声のかけ方が自然で、偶然の出会いなのに違和感がありませんでしたね。

 

川村陽介さんと言えば、思い出すのはドラマ「下剋上受験」で主人公・信一の後輩で居酒屋に集まる飲み仲間の1人。

大工の信一の父・一夫の弟子の杉山役を演じていましたね。

信一らの家族を応援したり、一夫に仕事を紹介しようとしたり頑張っている人柄が人気でした。

1話での登場はロケ中に麦田に声をかける場面だけでしたが、「下剋上受験」の印象が強くて、2話以降も出演を期待してしまいます。

川村陽介のプロフィールは?

川村陽介さんの芸歴は古くて2000年2月に21世紀ムービースターオーディション審査員特別賞を受賞し、17歳で映画「死者の学園祭」で芸能界デビューを果たしています。

その後もドラマ「ごくせん」や「ライオン先生」に出演し、2007年にはドラマ「新宿スワン」で白鳥龍彦役で主演。2009年には映画「ランディーズ」の桜井蘭役で初主演しています。

連続ドラマ「南極大陸」や「悪夢ちゃん」、「クロコーチ」でもレギュラー出演。

内田康夫の名作「信濃のコロンボ事件ファイル」 でも主人公・竹村岩男の部下・木下刑事を川村陽介さんは演じています。

その川村陽介さんのプロフィールをここでご紹介しておきます。

芸名・本名      :川村陽介(かわむら ようすけ)

生年月日       :1983年6月5日生まれ

年齢         :35歳

出身地        :埼玉県ふじみ野市

身長         :178cm

趣味                      :スポーツ、カラオケ、ビデオ鑑賞

特技         :サッカー、スノーボード

所属事務所      :ホリプロ

結婚は2011年に中学時代の同級生と、2児のパパです。

スポンサードリンク

川村陽介の演技の評判は?

「義母と娘のブルース」に出演の川村陽介についてTwitterに寄せられたコメントからピックアップしました。

A さん
ごくせん、ROOKIESなどに出演した好きな俳優の川村陽介出てた!

B さん
すごくテンションあがった。 
C さん
佐藤健と川村陽介が絡むシーンで胸熱になりました。 
D さん
やっぱり川村陽介さんだ。嬉しい。 
E さん
川村陽介久しぶりに見た気がする。てか佐藤健とでルーキーズじゃん 
F さん
おひげが似合うちょい悪風のイケメンやね 

出典:Twitter

まとめ

ドラマ「義母と娘のブルース」で麦田(佐藤健)の友人の友井智善役で出演したのは川村陽介でした。

実はこの2人は10年前の2008年に「ROOKIES」でドラマでも映画でも共演していた仲間だったのです。

二子玉川学園高校の野球部仲間の友情は永遠に不滅だったのですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください