義母と娘のブルースの演出家の平川雄一朗と中前勇児の評判と経歴は?

「義母と娘のブルース」は血のつながらない親子が信頼の絆を結ぶまでの10年間を描いたヒューマンドラマです。

演技をする女優と子役の表現力が大きな要素であると共に、演者に原作者や脚本家の意図をより忠実に伝える演出家の力量も問われる作品です。

どんな演出になるのでしょうか?

「義母と娘のブルース」の演出を担当する平川雄一朗さんと中前勇児さんの、評判と経歴についてまとめてみました。

スポンサードリンク

演出家の平川雄一朗さん評判と経歴は?

平川雄一朗さんは映画監督やドラマの演出を数多く手がけられてきた方で、最近では「A LIFE〜愛しき人〜」や「天皇の料理番」も担当されています。

平原雄一郎さんは、1972年1月23日生まれの大分県大分市生まれの46歳です。

日本工学院専門学校放送芸術科で放送芸術を学びオフィスクレッシェンドへ入社します。

そこでプロデューサーとしての修行を積んで、2006年初のチーフディレクターとしてTBSドラマ「白夜行」を完成させました。

そしてその翌年には映画「そのときは彼によろしく」で映画監督も初作品を公開しています。

国際的な番組の賞を受賞した作品「天皇の料理番」の演出についてインタビューに応えて平原雄一郎さんは「丁寧な人物描写」を心掛けたことを語っています。

「一番は見てくれる人のためです。その人たちに楽しんでもらうため結果として描写が細かくなって、それは分かって欲しい」と付け加えているのです。

 

何故でしょうか?

実は平原雄一郎さんに対しては俳優やスタッフから“厳しい 特に立場の弱い若い人に厳しい“と批判があることを平原氏自身が自覚しているのです。

「平原さんとはもう一緒に仕事をしたくない」と言い出す人までいるのは事実です。

しかし、平原さんはそういう人に対しても「一生懸命やっていれば誰かが見てくれていると思うので、諦めないで続けて欲しい」と言葉を掛けようとしていました。

「義母と娘のブルース」に出演する俳優・女優陣にその声が届いていると良い作品がきっと生まれますね。

スポンサードリンク

演出家の中前勇児評判と経歴は?

中前勇児さんは、テレビドラマの演出家で平原雄一郎さんTBS「天皇の料理番」を担当しています。

中前勇児さんは1978年6月22日石川県生まれの40歳。

島根県で育って上京してからTBSのドラマで演出の仕事を続けています。

「JIN-仁-」や「白夜行」でも平原雄一郎さんと一緒に演出を担当してきました。

ですので、きっと息はぴったりと合う仲なのでしょうね。

中前勇児さん、2015年に公開された映画「全開の唄」の監督をされた時にインタビューに応えてこう語っています。

「演出家として大切なのは“説得力”だということを学んだことですね。つまり、台本をしっかり読み込んで、それを役者さんにうまく伝えるということです」

そして「すべては現場で学んだ」と言います。

 

この話から平原雄一郎さんと中前勇児さんの関係が見えてきたような気がしました。

つまり平原雄一郎さんが納得行くまで演者に“丁寧な人物描写”を要求し、中前勇児さんが演者にそれが伝わる様に“説得力”を発揮する役割分担が出来ているのではないかという事です。

まとめ

TBSの火曜ドラマ「義母と娘のブルース」の演出を担当する平原雄一郎さんと中前勇児さんの2人はこれまでそれぞれの持ち味を生かして仕事を分担し、優れた作品を生み出してきたことが分かりました。

「義母と娘のブルース」でもきっと平原雄一郎さんの要求する厳しく“丁寧な人物描写”を、役者さんに“説得力”をもって伝える中前勇児さんの姿があることでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください