義母と娘のブルースの綾瀬はるかは結婚してる?ブルースの意味についても

夏ドラマ「義母と娘のブルース」に主演する綾瀬はるかさんの結婚について話題になっています。

というのも「義母と娘のブルース」はキャリアウーマンが結婚して夫の娘と向き合ってゆく物語だからです。

「義母と娘のブルース」の綾瀬はるかさんの結婚と題名にあるブルースについてまとめました。

スポンサードリンク

義母と娘のブルースの綾瀬はるか役柄は?

ドラマ「義母と娘のブルース」で綾瀬はるかさんが演じる岩木亜希子は、妻を亡くし自身も余命が短いやもめの男・宮本良一(竹野内豊)と結婚します。

しかし、良一には8歳になる前妻との間に生まれた娘がいたのです。

バリバリのキャリアウーマンだった亜希子は初婚で子供とのコミュニケーションの取り方が分かりません。

しかし一生懸命に親子になろうと頑張ると余計不自然になって、まるでギャグをやっている様になってしまいます。

それでも根気よく積み重ねていった努力の日々は報いられる時がやってくるのです。

A さん
綾瀬はるかの演技に泣かされ続けるのかな?

B さん
シリアスもコメディもけっこういいですよね綾瀬はるかさん!

綾瀬はるかは結婚してる?

あちこちのテレビ局からドラマの主演にひっぱりだこの綾瀬はるかさんですが、結婚はされているのでしょうか?

以前にはドラマで共演した大沢たかおさんや松坂桃李さんとの噂話もありましたが、交際していたという事実が報道されたことは無くていつの間にか話も立ち切れになっています。

つまり、確かなのは綾瀬はるかさんがまだ結婚されていないということぐらいです。

 

その理由は、綾瀬はるかさんの事務所のガードが固くて交際しようとする男性がいても寄り付けないという事情があるかららしいのですが、それも確証のある話でもなさそうです。

つまりは綾瀬はるかさんの凄い人気が10年以上も続いていて恋愛などする時間がないというのが真相の様です。

綾瀬はるかさんが、演じる岩木亜希子のようにふつうの家庭人になるのに苦労しなくても済むように早くお相手を見つけて欲しいですね。

スポンサードリンク

ブルースの意味は?

ブルースと言えばアメリカで生まれた音楽のひとつのジャンルなのですが、日本語の中で使われる“ブルース”と云う言葉には「憂鬱(Blue)な気持ちを歌った曲」という意味合いが含まれます。

例えば、「港町ブルース」「桜木町ブルース」など歌謡曲の題名にもなっている様に、黒人霊歌・労働歌とはかけ離れて、その“哀愁的なリズム”から思い起こさせる気持ちだけが使われているのです。

「義母と娘のブルース」のタイトルにも主人公の思いが相手に伝わらない「(切ない)憂鬱(Blue)な気持ち」が込められているのではと想像します。

まとめ

ドラマ「義母と娘のブルース」に主演する綾瀬はるかさんはまだ結婚はしていませんでしたが、出演したドラマの中でたくさんの恋をされてきました。

だから理想とする結婚生活の形をいろいろ考え悩まれているのではないでしょうか?

まるで「世界の中心で、愛をさけぶ」くらいに!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください