Missデビルドラマ2話予告で佐藤勝利がまた危機!悪魔の上司の命令結末を予測

ドラマ「Missデビル」衝撃だった初回に続き2話予告動画で佐藤勝利が演じる斉藤博史が大変なことになっています。

番組の2話予告動画を見たファンからは「2話からヤバい」「観てるこっちが心擦り減りそう」「第2話はセクハラ問題かな?」と心配する声や展開を予測するコメントがネットに相次いでいます。

「Missデビル」ドラマ2話予告動画で佐藤勝利がまた危機に陥るようです。

上司で人事の悪魔・椿眞子の命令に背くことは出来るのか?2話の結末を予測します。

スポンサードリンク

Missデビルドラマ2話予告動画で佐藤勝利がまた危機!


出典:「Missデビル」公式ホームページより

ドラマ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」の初回で新人研修に参加した佐藤勝利が演じる斉藤博史は危うく落伍する寸前のところまで追い詰められました。

しかし研修講師・椿眞子の英断で何とか働き続けることが出来るようになりました。

 

ところが配属先の人材活用ラボに着任すると、そこには人事コンサルタントの椿眞子が室長で博史の上司だったのです。

‏最悪の展開に腰を抜かす博史でしたが、さっそく指令されたのは第2営業部へ潜入して「リストラ対象者」を1人選ぶことでした。

 

何て会社なのでしょうか!

1話に続きまた人員削減ですか?

今度はそれも新人社員を使って不用な人間を見つけ出すなんてやってはならない禁じ手です。

 

結局、研修と称して送り込まれた博史が第2営業部のメンバーから選んだ人間は部署のお荷物的存在の児島(チャンカワイ)でしたが、椿眞子はそれを即却下します。

その上、よくリサーチしてから報告するように叱咤されます。

 

第2営業部に戻った博史は部長の浅岡(神保悟志)が夏月(中越典子なつ)にセクハラをしているという情報を手にしますが、当の夏月に訊いても笑って受け流されてしまいます。

先輩にも相談した結果、博史は第2営業部にリストラ対象者はいないと報告しますが、椿眞子は浅岡のセクハラの証拠となる動画を入手していたのです。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

スポンサードリンク

2話の結末を予測します。

ここからは2話の結末を予測してゆきます。

セクハラの証拠を博史に突き付けられても浅岡部長は「それは私ではないと」否認し続けると考えられます。

何故なら浅岡は夏月の弱みを握っていて脅しているからです。

予告動画から次のことが推測されます。

・夏月とハンデのある児島は交際している。

・浅岡はそれを知っていて第2営業部のお荷物の児島をクビにせずに夏目にセクハラを続けている。

・夏月は児島のために我慢をして口を閉ざしている。

そして、椿室長は博史に代わり自ら浅岡に近づきある作戦に出ると予測します。

これが、獲物(浅岡部長)が食いついて来た時の映像です。

そして、わざと隙を見せると獲物(浅岡部長)はセクハラ行為を始めたのです。

次の瞬間、椿眞子の得意技の回し蹴りが浅岡部長の顔面に炸裂。獲物の体は吹っ飛びます。

実は全部、予告動画に載っていた展開だったのでした。

結局、そのまま浅岡部長はセクハラが原因で会社を退職せざる得なくなり、椿室長が予定していた通りの結末になるのです。

まとめ

「Missデビル」2話ではリストラのターゲットは初めから椿眞子は判っていた様です。

それを敢えて博史をターゲットの周辺に潜り込ませて真実を見つけさせようとしたのは、博史を人事のエキスパートとして育てる目的があったのではないでしょうか。

関連記事

正義のセは面白くない?ヒーローの女版という声が多いけど評価は?2

コンフィデンスマンjpのナレーターは誰?面白いナレーションが話題?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください