Missデビル衝撃の1話ドラマの展開と感想!日下部マジでムカついた!

画像出典:「Missデビル」公式ツイッター

ドラマ「Missデビル」が衝撃の展開で感動の嵐が吹いています。

1話のクライマックスで財務省にコネを持つ日下部(森永悠希)が椿眞子(菜々緒)の回し蹴りで撃沈した時、感激したドラマファンはネットに一斉に書き込みを始めました。

「菜々緒さんすごくかっこいいと思った!」「日下部マジでムカついたなぁ」「ほんまスッキリ~」など日下部を成敗した菜々緒への賞賛で溢れているのです。

「Missデビル」衝撃の1話ドラマの感想まとめました。

スポンサードリンク

Missデビル衝撃の1話ドラマにネットの感想は?


出典:「Missデビル」公式ツイッター

日本テレビの土曜ドラマ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」の放送がスタートしました。

新人研修の冒頭、人事コンサルタントの椿眞子は新人たちに向かって「あなた方50人の内、残るのは10人です。あなた方には退職願を書いて辞める権利がある」と宣言します。

「恐怖のブラック研修」「(そんなに絞るんだったら)最初から採用しなけりゃいいのに‼」、「こんな研修。正当化でけんよ」など研修を受ける新人に共感する感想や意見が並びます。

これがフィクションだと分かっていても酷い会社だと思った人は多いでしょう。

 

会社の名前も「共亜火災保険」だなんて、実際にありそうで嫌ですね。

採用してから研修で絞り込むなんて有り得ないし、採用費用だってこれだけの人数だったかかなり掛かっている筈だし無駄でしょ。

それよりも何よりも社会に出て早々につまずいた人の人生どうしてくれるの?って話ですよね。

 

それでも椿眞子が云った通り、その日から研修の名を借りた新人の絞り込みが始まります。

5人毎のグループに分け、地獄の土嚢積みランニング、穴掘りした穴を埋め、次々と脱落する新人が出始めます。

「すごすぎる研修だな」「こんなに厳しいのかよ」「ダメでしょこんな研修」この時点でドラマを見ている人はもうフィクションだとは思っていません。

実際、ここまでではなくてもこれに近い新人研修はあるようです。

こんなこと続けていたら、どこの会社も辞める人続出して人材不足になりますよ。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

ドラマは終盤で日下部が醜い退場へ


出典:「Missデビル」公式ツイッター

そしてとうとう、椿眞子の地獄の研修にゆけず、同じグループの日下部に陰湿なイジメを受けた南雲(前田航基)が研修所の屋上から飛び降りてしまいます。

普通ならこの時点で警察や親が来て原因を確かめることになるでしょう。

でもフィクションだから、10人に絞り込むという作業は続いたのです。

 

この時点で南雲も含めて11人、研修対象者の同士が投票で辞めてもらう1人を決めることになりました。

5人に投票されると自動的に脱落者となります。

投票の結果、南雲に4票、斉藤博史(佐藤勝利)は研修講師の椿眞子に1票を投じます。

他の人は投票を棄権し5票に達した者はいませんでした。

 

ところがその場合、最後の1人は椿眞子が指名するルールだったのです。

えっ?さらっと説明してたのは気が付かなかったけれど、最後は研修講師が決めるんだー。

間違いなく自分が指名されると思い怯える表情の博史でしたが、なんと指名されたのは南雲をイジメ抜いていた日下部だったのです。

 

驚き青ざめた日下部はペンシルの先を椿眞子に向けて突き刺す構え見せました。

次の瞬間、椿眞子の回し蹴りが日下部の顔面に炸裂し、一発で日下部は気絶し床に倒れ込みます。

ここで「日下部本当に嫌いだった」「いなくなって良かったよ」「いじめっ子日下部くんを辞め~!」と歓喜したコメントが多く書き込まれていました。

しかし、冷静にこの状況を見ていた人もいました。

「痛快?なんか違う」「すっきりしないのは何故だ!」と社長の大沢友晴(船越英一郎)や椿眞子の方針そのものに納得できない人もいたのです。

日下部が全部悪いみたいになっていたけれど、もっと悪いのは首切りを仕事にしている椿眞子お前じゃないのか!と思った人も多い筈です。

しかし、生き残った10人はこれからどうなってゆくのでしょうか?心配です。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

スポンサードリンク

日下部役の森永悠希って誰?

「Missデビル」では嫌われ役の日下部を演じた森永悠希さんって知っていましたか?

子役時代からテレビや映画に出演していた俳優さんですが、それほど有名ではないようですのでここでプロフィールをご紹介しておきます。

名前    :森永悠希(もりながゆうき) 本名かどうかは明らかにしていません。

生年月日  :1996年6月29日

年齢    :21歳

出身    :大阪府

職業    :俳優

身長    :168cm

特技    :ピアノ演奏

趣味    :音楽鑑賞、テニス

血液型   :AB型

所属事務所 :ソニー・ミュージックアーティスツ(子役時代は劇団東俳大阪校)

代表出演作 :映画「しゃべれども しゃべれども」

最近作   :テレビ東京「セトウツミ」田中真二役

子役で2007年に映画やテレビに出て以来、数多くの出演作はあったようですが、印象的な役が無かったようで目立った演技はしてこなかったようです。

ただし、その割にはコマーシャルの本数は多くて、中でも前田敦子の弟役で出演しているこのCMのイメージは印象に残っています。

けっこう明るいキャラクターで好感度良いじゃありませんか。

日下部とは全然違うキャラですね。

まとめ

「Missデビル」の1話は新人研修の設定と凄い結末で話題を呼びました。

その1話で悪役を演じた森永悠希さんは子役から俳優を続けているもう芸歴が11年目のベテラン俳優でした。

どうりで誰からも憎まれる上手い演技だったわけです。

関連記事

正義のセは面白くない?ヒーローの女版という声が多いけど評価は?2

コンフィデンスマンjpのナレーターは誰?面白いナレーションが話題?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください