高嶺の花になりたいけどなるにはどうすればいいの?特徴(見た目)は?

ドラマ「高嶺の花」が7月11日に放送がスタートして早くも主演の石原さとみさんに絶賛の声が響いています。

ネットでは「着物姿が美しすぎて最高!」とか「石原さとみの美貌だけでも観れてしまいそうやな」や「高嶺の花になりたい!」などと主人公・ももの和装の美しさを褒める投稿で溢れています。

しかし、一方で「石原さとみ綺麗だけど高嶺の花の意味わかんない」と云う意見も多くあり、「そもそも高嶺の花って何?」との声も聞こえるのです。

一番多かった高嶺の花になりたいけどなるにはどうすればいいの?特徴(見た目)は?という疑問に最後にまとめてお答えします。

スポンサードリンク

高嶺の花1話のあらすじ

出典:「高嶺の花」公式Twitter

 

「高嶺の花」1話では、結婚式当日に婚約者から「別の女性を妊娠させてしまった」と告白され結婚をドタキャンされた主人公・月島もも(石原さとみ)が、相手を諦めきれずにストーカーのように付きまとい警察に確保されるところから始まりました。

ももは心がボロボロになって自転車に乗ったまま沼に転落。

汚れた服装のまま訪れた自転車屋で修理を頼んだ相手が風間直人(峯田和伸)でした。

そこで、ももは直人と電撃の出会いをするのです。

 

しかし直人は口下手で朴訥すぎる性格、女性を魅了する術(すべ)など持ち合わせません。

ただし母親を20年も介護してきた経験を持つことから、人の心を癒すことができる能力の持ち主なのです。

ももは今までに出会ったことのないタイプの男である直人に惹かれ始めます。

 

しかし、月島家は華道の名門でももは家元を受け継ぐ身。

豪邸に住み華道の才能にも恵まれたももと、39歳にもなって恋愛の経験もないしょぼくれた自転車屋の店主・直人が釣り合うはずもありません。

しかし、ももは父親・市松の「相手は誰でもいい。今のももの心を癒す相手を見つけて付き合いなさい。そして癒されてお前が立ち直ったら捨てればいい」の言葉に背中を押され直人と恋人になることを決めたのです。

このドラマの高嶺の花って誰のこと?

ここまでドラマを見た人は誰でも「高嶺の花」とは石原さとみが演じている「月島もものこと」だと思うに違いありません。

そしてみんな、ももは直人の心を弄んだ挙句「あなたには私は所詮、高嶺の花よ」とか捨て台詞を残して立ち去ってゆく姿を思い浮かべることになると予想しているのです。

事実、ネットに投稿されているコメントは全てそのことを前提に書かれています。

 

だがちょっと待ってください!この不釣り合い恋愛ドラマどこかで見たことありませんか?

脚本が野島伸司で格差婚をテーマにしたドラマと言えば、道路工事のおじさん・武田鉄矢と事故死した婚約者が忘れられないオーケストラのチェリスト浅野温子が登場するドラマ「101回目のプロポーズ」でしょう。

設定もちょっと似ていると云うかそっくりです。

 

すると、直人は「僕は死にましぇん」とか「弁護士になります」などと言うのでしょうか?

いいえ、直人は変わらず町の自転車屋の店主。

直人こそが町の人を思いやり心を癒すことの出来る術(すべ)を持った「高嶺の花」だったことにももが改めて気付くという展開になるのです。

三省堂大辞林では「高嶺の花」の意味を「見えてはいるが手の届かないもの」と解説しています。

つまり別れはやってくるのです。

最後にももではなく直人の口から「あなたのことはそれほど」の決め台詞が飛び出すと予想しているのは筆者だけでしょうか?(これは野島さんじゃなかったけど)

スポンサードリンク

見た目の特徴は?

「高嶺の花の人」の見た目の特徴は、やっぱりビートルズヘヤーとTシャツでしょう。

高嶺の花になりたければ、宗男ルックです。

NHK連続テレビ小説「ひよっこ」の小祝宗男(峯田和伸)ですね。

ポットマムの花農業への転職もおしゃれです。

まとめ

ドラマの中で「高嶺の花」とは石原さとみが演じている和装が美しい月島もものことではなく、ビートルズヘヤーにTシャツが似合う直人のことでした。

野島伸司の脚本ドラマは、いつも対極にある男女を出会わせて誰もが予想しない「冗談でしょ それはあり得ないよ」と思わせる展開へと導きます。

ドラマ「高嶺の花」1話の視聴率は11.1%でした。

この数字は予想の範囲内でしたね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください