高嶺の花の運転手(升毅)は誰?若い頃や娘と嫁についても

ドラマ「高嶺の花」に月島家の運転手・高井雄一役で出演の升毅さんが注目されています。

「升毅を運転手役に使うとはもったいない」という意見が多く、「高井にはももの出生について隠している秘密があるのでは?」と云った憶測も流れています。

「高嶺の花」の運転手(升毅)は本当は誰なのでしょう?若い頃や娘と嫁についてもまとめました。

スポンサードリンク

高嶺の花で升毅が演じる運転手高井本当は誰なのでしょう?

出典:「高嶺の花」公式Twitter

 

ドラマ「高嶺の花」で華道の名家である月島家の運転手・高井雄一を升毅さんが演じています。

ベテラン俳優の舛毅さんは以前から弁護士、医者、警察幹部、学校経営者と云ったセレブな役柄が多かったため、運転手役には「きっと何か裏がある」と読んでいるドラマファンが多いのです。

ネットでは、

「月島ももの本当の父親は高井では?」          高井ももの真実の父親説

「市松の妻・ルリ子と高井との子がななじゃね」      高井ななの真実の父親説

「風間節子(十朱幸代)と高井(舛毅)の子が直人かも」  高井直人の真実の父親説

「月島家の裏の歴史を知る高井は市松を脅しているのでは」 高井曲者説

など憶測するコメントが並んでいます。

 

もし、高井がももの本当の父親だとしたら今後ドラマの展開はどうなってゆくのでしょうか?

1話で、月島ももは結婚式当日に婚約者から結婚を破談にされて心を病んでしまいます。

相手や家族に対してストーカー行為をして警察のやっかいになり自暴自棄になり沼に転落し、泥だらけの姿で風間直人の自転車屋を訪れて壊れた自転車の修理を依頼して、そこから物語が始まりました。

その時からももの心に癒しを与えてくれる直人の存在が次第に大きくなってゆくのです。

市松から「誰でもいい 心を癒してくれる相手を探せ」と言われたももが見つけた新たな相手が直人だったのです。

 

次週からももの直人への猛烈なアプローチが始まります。

ももは自分が月島家の令嬢で直人にとっては「高嶺の花」に違いないと思っているので、キャバ嬢になって直人が付き合いやすく変身します。

しかし、寄ってくるのは直人の幼なじみの友人ばかりで直人はももの気持ちに気付きません。

そこで見かねた本当のももの父親・高井雄一が手を差し伸べると予測されるのです。

市松の助言よりも、高井はももの将来を考えてキャバ嬢をやめさせ直人と話しをしようとするのではないでしょうか?

本当の親だったらそうすると思います。

 

スポンサードリンク

升毅の若い頃や娘とにつても

升毅は若い頃、「売名行為」や「劇団MOTHER」を結成し大阪を中心に活動を続け、古田新太、生瀬勝久、羽野晶紀らと共に関西圏のテレビ局のバラエティ番組で活躍していました。

1995年以降、上京してからは全国区の役者となります。

娘は劇団「黒色綺譚カナリア派」に所属する女優・升ノゾミで、姪はオリックス・バファローズのT-岡田と結婚したモデルのますあやです。

 

まとめ

ドラマ「高嶺の花」で華道の名家である月島家の運転手・高井雄一を升毅さんが演じます。

ベテラン役者の升毅さんの役柄には、きっとドラマの重要な鍵となる事実を含んでいると予想します。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください