正義のセは面白くない?ヒーローの女版という声が多いけど評価は?

日本テレビの吉高由里子主演の水曜ドラマ「正義のセ」が始まりました。

ネットの寄せられたコメントには「共感できる」「けっこう面白くない?」と好評な投稿が多い様ですが、「ヒーローの女版」ではないか?という意見もたくさんあります。

「正義のセ」はヒーローの女版という評価をまとめました。

 

正義のセはヒーローの女版?


ドラマ「正義のセ」の1話が放送されて、面白い!と評判ですが、「ヒーローの女版」という声もあります。

何故、日本テレビの「正義のセ」がかつて大人気だったフジテレビの「ヒーローの女版」と言われるのか理由をその考えてみました。

・若い検事が主人公のドラマだということ

「正義のセ」では、吉高由里子が若くて負けず嫌いの主人公の竹村凜々子を演じていましたが、「ヒーロー」では木村拓哉が若くて正義感の強い久利生公平を演じていました。

・主人公の外見が検事に見えない

「正義のセ」では、検事の竹村凜々子は可愛い女子過ぎて事務官の相原の方を誰でも検事だと勘違いしてしまいます。

「ヒーロー」でもいつもジーパンでラフな姿の久利生のことを、身分を明かすまで検事だとは思いません。

・正義の検事という点

竹村凜々子は小学生の頃から弱い立場の人を見ると庇いたくなる性格で検事になっても正義を貫こうとします。

久利生公平は明らかにされていない事実に正義があると思っていて、自ら事件の現場などで証拠や証言を集めて判断しようとします。

・勤務している地検の建物や内部が似ている

ドラマのロケに使われている「正義のセ」の横浜地検港南支部の建物や内部が、「ヒーロー」の東京地検城西支部の建物や部屋ににているという指摘があります。

これについては次節で詳しく記します。

こう並べてみると、「正義のセ」が「ヒーローの女版」という評判も納得できますが、

ここは違うのでは?と思う箇所もあります。

・「正義のセ」では豆腐屋を営んでいる中央区の実家が度々登場して、両親や妹・温子(広瀬アリス)など家族との触れ合いが大きな要素となっているのですが、「ヒーロー」の久利生公平は孤独な存在として描かれています。

・「正義のセ」では、恋愛的要素はあるもののいつも凜々子は振られてばかりですが、「ヒーロー」の久利生公平は事務官・雨宮舞子(松たか子)の思いを気付かない鈍感な男です。

ツイッター投稿にそんな凜々子の登場する「正義のセ」ことを「マイルドなHERO+タラレバ娘って感じ」ってコメントが載っていました。ドンピシャですね。

https://platform.twitter.com/widgets.js

正義のセのヒーローのロケ地 地検の場所は?

さて、ロケ地を調べてみましたところ「正義のセ」の横浜地検港南支部の建物は東京農工大学府中キャンバスだったことが判りました。


東京農工大学府中キャンバスはよくドラマのロケには使われていて、最近では「きみが心に棲みついた」でも吉岡里帆さんや向井理さんが通っていた大学として1話で登場しましたね。

しかし、「ヒーロー」の東京地検城西支部は東京丸の内2丁目にある丸の内八重洲ビルディングでした。

ビルの玄関が似ているので間違えそうですが違う建物でした。

https://platform.twitter.com/widgets.js

正義のセのネットの評価は?

「正義のセ」が「ヒーロー」と似ているという評判についてネットでの意見をピックアップしてみました。

https://platform.twitter.com/widgets.js
いろいろな点で似ていることは確認できましたが、「正義のセ」には阿川佐和子さんの原作がありましたが「ヒーロー」はオリジナル脚本で作られていますから、違いはこれから出てくるのかな?

https://platform.twitter.com/widgets.js
「正義のセ」と「ヒーロー」のロケ先は違っていましたけれど、似ていることは確かですね。でもドラマって本物の建物を使ってはいけないのですかね?「愛してたって、秘密はある」では司法研修所の建物が映っていたような気がするけど?

https://platform.twitter.com/widgets.js
印象的にはヒーローにそっくりな展開ですよね。ヒーローでは感情的になるのは久利生健司より雨宮の方が多かった気がするけど。

https://platform.twitter.com/widgets.js
ヒーローみたいに人気が出て劇場版が出来るといいと思っています。検事を女性にしてよりコミカルにした感じがしますね。タラレバ娘もちょっと入っているし。

https://platform.twitter.com/widgets.js
この春の時期に新社会人応援ドラマだとしたら真にタイミングが良いですね。1話を見た新人はきっと感激しただろうね。強い立場の人や弱い立場の人が沢山出て来て面白かったですね。上司の横領は刺激が強かったかな?

出典:Twitter

 

 まとめ

「正義のセ」が「ヒーローの女版」との評判は確かに納得できる類似点も多くありましたが、阿川佐和子さんの原作では凜々子の子供時代のエピソードや恋愛感情とか家族との触れ合いやぶつかり合いと云ったホームドラマの様な部分もかなりあります。

原作小説を読むと「正義のセ」と「ヒーロー」がそれぞれ伝えようとしているものの違いが見えて来ます。

阿川佐和子さんの原作小説は是非お勧めしたいですね。

関連記事

コンフィデンスマンjpのナレーターは誰?面白いナレーションが話題?

コンフィデンスマンjpは面白くないのか面白いのか?評価はどうなの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください