ドロンズ石本の現在と嫁は?ドラマこの世界の片隅にの役と演技力について

ドラマ「この世界の片隅に」に出演するドロンズ石本さんの現在の活動に関心が集まっています。

かつて旅番組「電波少年」で南北アメリカ大陸縦断を成し遂げたドロンズの石本さんが、現在は俳優として活躍する傍ら、飲食店を経営し成功しているという話があります。

本当なのでしょうか?

ドロンズ石本の現在と嫁や「ドラマこの世界の片隅に」の役と演技力について、まとめました。

スポンサードリンク

ドラマこの世界の片隅にのドロンズ石本の役柄は?


出典:ドロンズ石本インスタグラム

ドラマ「この世界の片隅に」で主人公・すずの父親・浦野十郎役を演じるのが、ドロンズ石本さんです。

広島県出身で現在は俳優のドロンズ石本が日曜劇場に出演するのは、木村拓哉さんが主演した2011年の「南極大陸」以来7年ぶりとなります。

堂々とした体格でいて明るい性格のドロンズ石本さんが、すずの父親役をどんなイメージに作り上げるのか楽しみです。

 

ところでドロンズ石本さんの演技力はどうなのでしょう?

「南極大陸」では料理人の山里万平として第1次南極観測隊のメンバーで登場していました。

登場場面は少なかったのですが手馴れた手つきで料理をする姿が印象的でした。

演技力は未知数といったところでしょうか?

A さん
えっ!お父ちゃんがドロンズ石本さん!!「この世界の片隅に」でお父ちゃん太くないで

B さん
回がすすむごとに痩せていくとかそういう演出やったら凄い

スポンサードリンク

ドロンズ石本のプロフィール、現在と嫁は?

猿岩石に続き、1997年「電波少年」の南北アメリカ大陸縦断で有名になったドロンズの石本さんですが、現在は俳優業の傍ら恵比寿などで「馬肉屋たけし」という飲食店を経営しています。

出典:「馬肉屋たけし」ツイッター
その上、甲府にも2号店をオープンさせて大繁盛らしいのです。

ドロンズ石本さんのプロフィールをご紹介しておきます。

本名      :石本 武士(いしもと たけし)

生年月日    :1973年10月11日生まれ

年齢      :44歳

出身地     :広島県広島市

代表出演作品  :バラエティ日テレ「進め!電波少年」、テレビ朝日「いきなり!黄金伝説」、ドラマ日曜劇場「南極大陸」、NHK「スペイン語会話」

最近作     :2016年NHK「スニッファー ウクライナの私立探偵」5話

アメリカ大陸縦断で必要になったスペイン語を石本さんは猛勉強したらしいのです。

それが、NHK「スペイン語会話」の番組に出演するきっかけとなって、その後も「テレビでスペイン語」に登場していました。

現在、ドロンズで組んでいた大島直也さんとはコンビを解消してピンでタレント・俳優活動を続けていますが、恋人や結婚の噂はありません。

きっとお店の経営やテレビの仕事が忙しいのでしょうね。

まとめ

ドラマ「この世界の片隅に」に出演するドロンズ石本さんは、かつて「進め!電波少年」でアメリカ大陸縦断に挑戦して人気を集めたお笑いタレントさんでした。

現在は俳優に転向する傍らで飲食店を経営し成功している事業家でしたが、まだ結婚はされていませんでした。

早くいいお嫁さんと結婚できると良いですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください