モンテクリスト伯はつまらない?ミュージカルの演出はかなりダメ?

画像出典:「モンテクリスト伯」公式ツイッター

フジテレビで4月19日から放送されるディーン・フジオカ主演のドラマ「モンテクリスト伯」で”ミュージカル要素”を取り入れた演出が考えられているようです。

ネットでは「ミュージカルも良いぞ」「あの世界観はミュージカルじゃないと」と云った様々なコメントが投稿されています。

ドラマ「モンテクリスト伯」はそのままでは”つまらない”のでしょうか?

ミュージカルの演出がどう反響を呼ぶのかをまとめてみました。

スポンサードリンク

ミュージカルの演出はどう?


出典:【公式】フジテレビ動画ボーカル響く主題歌バージョン解禁!「モンテ・クリスト伯」×「Echo」30秒予告!

フジテレビのドラマ「モンテクリスト伯」の太田大プロデューサーがインタビューに応えて、”ミュージカル要素”を取り入れたらどうだろうかという提案が西谷監督から出た話をしました。

そして、見どころのひとつとなる演出に”ミュージカル要素”取り入れたことを公表しました。

ドラマ「モンテクリスト伯」を期待しているドラマファンからは「ミュージカルの一場面みたい(にして欲しい!)」「ミュージカルが死ぬほど好きなんだ」という声がネットに投稿されています。

 

“ミュージカル要素”を取り入れた演出がどのようなものになるのかはドラマを見ないと判りませんが、ディーン・フジオカも俳優の傍らでミュージシャンでもあるので十分対応できると思われます。

ドラマ「モンテクリスト伯」の主題歌もディーン・フジオカが歌う「Echo」ですからね。

ディーン・フジオカも映画「ダンサー・イン・ザ・ダーク」をイメージして「主人公・暖の幸せな時代を象徴する暖かみのあるシーンになりました」とアピールします。

スポンサードリンク

モンテクリスト伯ドラマはつまらない?

「モンテクリスト伯」は日本でも昔から「巌窟王」と呼ばれて馴染みのあるお話です。

それだけにストーリーが知れ渡っていて、復讐劇なのに結末は誰でも分かってしまっています。

したがって「謎がネタバレしているのでつまらない」という人もいます。

 

しかし、「モンテクリスト伯」のミュージカルに関して言えば、それでもとても人気のある演目なのです。

石丸幹二が主演したミュージカル「モンテクリスト伯」は有名ですし、過去にはあちこちの都市で好演されました。

ですから「よくミュージカルになってる」という話や「あの世界観はミュージカルじゃないと」という声もあるくらいです。

 

しかし、若いドラマファンには「ドラマでストーリーを知れたらいいな~」という欲求もありますし、「(ドラマの)ミュージカル要素に注目したい」と云う人もいるので、“ミュージカル要素”をどう取り入れるのかによってこのドラマの面白味が大きく膨らんでゆくと思います。

きっと今までのドラマにはない素晴らしい演出のある作品になると期待しています。

まとめ

フジテレビのドラマ「モンテクリスト伯」の演出で“ミュージカル要素”を取り入れるという話は本当でした。

ドラマを面白くさせるのも、つまらないものにするのも演出次第です。

「モンテクリスト伯」でどんな素敵な演出が見られるのか?放送が楽しみです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください