モンテクリスト伯の新井浩文(神楽)は遠藤要に似てる?若い頃についても

「モンテクリスト伯」に神蔵清役で出演している俳優が新井浩文さんだって知っていましたか?

過去に演じた役柄が遠藤要と似てる?と言われる新井浩文さん。

「モンテクリスト伯」の新井浩文の神楽清の役柄、プロフィールや過去作の評価をまとめました。

スポンサードリンク

モンテクリスト伯での新井浩文の神楽清役柄は?

「下町ロケット」では帝国重工の開発責任者・富山敬治役で技術者の誇りの高さと強烈な個性の持ち主の役柄を演じて、新井浩文さんの演技は好評でした

下町ロケットでも富山敬冶は主人公の佃航平とは敵対関係にありました。

云わばヒール役での新井浩文さんの演技は冴えているのです。

 

「モンテクリスト伯」での新井浩文さんの神楽清の役柄は、主人公・紫門暖の先輩なのに暖の活躍を妬み裏切って警察へ嘘の通報を仲間にさせる悪人です。

そして暖の復讐を受けることになります。

これから、神楽清は次々と悪行を暴かれ転落してゆくのですが、その姿を新井浩文さんがどんな演技で見せてくれるのか楽しみです。

 

新井浩文のプロフィール

「モンテクリスト伯」で神楽清を演じている新井浩文さんのプロフィールをご紹介します。

生年月日 年齢:1979年1月18日生まれ 39歳

出身地    :青森県弘前市

身長     :181cm

事務所    :アノレ

代表作    :NHK「真田丸」、TBS「毒島ゆり子のせきらら日記」

映画「ゲルマニウムの夜」、「百円の恋」

最近作    :映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」

最近、映画を中心に活躍が華々しい新井浩文さんは「百円の恋」で2015年日本アカデミー賞の優秀助演男優賞を受賞している俳優です。

若い頃は「劒岳 点の記」「蟹工船」などの名作にも出演し、「松ヶ根乱射事件」では主演もしている演技派の新井浩文さん。

大河ドラマ「真田丸」でも加藤清正で巧い演技を魅せていました。

しかし同じ頃、花村萬月原作の「ゲルマニウムの夜」で連続犯罪者役を演じたことや、「アウトレイジ ビヨンド」でヤクザの役などから、最近になって問題続出の遠藤要さんにイメージが似てると言われたこともありました。

俳優はイメージも大切ですが、それだけ演技が上手いということの証明でもあるので気にせず頑張って欲しいですね。

スポンサードリンク

過去作の演技評価は?

演技派と言われる新井浩文さんTBS「毒島ゆり子のせきらら日記」では小津翔太役で前田敦子さんと共演し独特の雰囲気のある新聞記者を演じています。

このドラマは矢島弘一氏の脚本で向田邦子賞を受賞し、前田敦子の演技が評価された作品でしたが、新井浩文さんが恋人役としてそれまでとは違う演技力を発揮した作品でもあります。

2017年11月にはNHKスペシャル「ドラマ 龍馬 最後の30日」、12月にはNHKスペシャル「龍馬の遺言」いずれでも主役の坂本龍馬を演じて、新しい新井浩文さんのイメージを築きつつあります。

まとめ

「モンテクリスト伯」での神楽清も新井浩文さんの得意な悪役ですので復讐を受けるこれからの演技に期待して良いと思います。

きっと復讐が始まると新井浩文さんの上手い演技でドラマの人気も急上昇するのではないでしょうか?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください