コンフィデンスマンjpの最終回(結末)あらすじと予想は?感想についても

長澤まさみ主演のドラマ「コンフィデンスマンjp」が次週7話を迎えそろそろ最終回の結末が気になり始めました。

最終回のあらすじはどうなるのだろう?ダー子の七変化が楽しみ!

「コンフィデンスマンjp」の最終回結末とあらすじを予想してみました。

スポンサードリンク

コンフィデンスマンjpの最終回あらすじは?

奇想天外のスケールの信用詐欺でこれまで金の亡者たちを騙し大金を奪ってきたダー子たち詐欺師。

最終回のあらすじはきっと予想を遥かに超えたゲスト出演者たちが登場することになるでしょう。

その前に、これまで登場したゲスト出演者とダー子たち詐欺師の手口をおさらいしておきます。

第1話のゲスト出演者は公益法人「あかぼし」の会長・赤星栄介役の江口洋介さんでした。
ダー子が扮したキャビンアテンダントに騙されて飛行機からトランクに詰められた自分の金を追いかけてパラシュートを背負って飛び降りてしまいましたね。
残念ながらトランクには偽金しか入ってなくて本物は機内に残っていました。

第2話のゲスト出演者はリゾート開発業者・桜田しず子役の吉瀬美智子さんでした。
カジノを含む国の統合型リゾート開発の候補地として真名鶴沖の島を桜田しず子は買い占めますが、それがダー子とリチャードの仕組んだ全くの詐欺だということが判ったのは正式に候補地がテレビで発表になってからでした。

第3話のゲスト出演者は画商の城ケ崎善三役の石黒賢さんです。
無名の天才画家を発掘するという画商なら誰でも見る夢に付け込まれ、城ケ崎はダー子たちが書いた促成の絵に3億もの大金を投じてしまいます。

第4話のゲスト出演者は儲けのためなら食品偽装もいとわない社長・俵屋勤役の佐野史郎さんでした。
映画好きがこうじて自分で映画を作る夢に貯め込んだ金を出してしまいますが、実はそれは全部ダー子たちが仕掛けたフェイク映画だったのです。

第5話のゲスト出演者は息子のヘボ医者を愛する野々宮ナンシー役のかたせ梨乃さんです。
身代わりの医者を使って手術を行い大儲けしていた野々宮病院の院長が、嘘の健康診断により末期がんを宣告されます。
天才外科医として登場したダー子は医療映画スタッフを使って偽の手術を実行し巨額の手術費を手に入れたのです。

第6話のゲスト出演者は悪徳コンサルタント斑井満役の内村光良さんでした。
過疎の村に観光資源と称してショッピングセンター建設を持ち掛けてタダ同然で土地を手に入れ産廃処理場として転売する斑井満に、ダー子は遺跡発掘の嘘の夢を抱かせ山を高い値段で買わせる作戦を成功させました。

第7話は次週放送されますが、ゲスト出演者は与論要造役の竜雷太さんです。

与論要造はかつて違法ぎりぎりの株価操作で荒稼ぎしていた経済ヤクザ。

今は鎌倉に住む資産家で好々爺を装って子供2人と暮らしています。

愛人に産ませた隠し子に扮し与論に近づいたダー子はどんな方法で貯め込んだ財産を奪い取るのでしょうか?

きっと要造や子供たちの欲を煽って夢を見させて金を出させる作戦になるのでしょう。

7話にはダー子の隠し玉として中尾明慶さん、前田敦子さんの登場もあります。

 

さて、「コンフィデンスマンjp」の最終回のあらすじには次の要素が含まれるはずです。

・これまでで一番大きな財産をもった最もあくどい手段で稼いでいた人間がターゲット。
・それを騙す方法もこれまでにない大きいスケールの作戦。
・ゲスト出演者も多人数で豪華絢爛。
・ボクちゃんは相変わらずお人好しで最後までダー子に利用される。

ズバリ予想はダー子とリチャードが敵味方に分かれて騙し合う展開を予想します。

そしてリチャードのターゲットは一番大きな財産をもった最もあくどい手段で稼いでいた人間ダー子とその貯め込んだ財産です。

一方、ダー子の標的はリチャードの背景にいる見えない敵です。

はたしてそれは誰なのでしょう?

ゲスト出演者にはこれまで出演して来た1話から9話までの全員が登場します。

コンフィデンスマンjpの最終回の結末を予想

さてその「コンフィデンスマンjp」の最終回の結末はどうなるのでしょうか?

ポイントは
・ダー子とリチャードの元々の関係は実はどうだったのか?

・ボクちゃんは本当に詐欺師から足を洗って真っ当な人間に戻れるのか?

・ダー子は捕まるのか?

の3点だと思います。

結論から言ってしまえば、ダー子とリチャードは小日向さんがインタビューで予想して言ったとおり叔父と姪の関係で、亡くなったダー子の父からリチャードはダー子を見守る様に頼まれていたのです。

しかし、リチャードは最終回でダー子を詐欺にかけて陥れ貯めた金をすべて元の被害者に返そうとするのです。

その理由は、リチャードの背景にいる人物の指示があったためだったのです。

その人物こそ!亡くなったはずのダー子の父でした。

すこしでも貯め込んだ金を死守しようと抵抗するダー子に鉄槌を下すのが今までダー子に騙され続けられたボクちゃんでした。

予想外の展開にダー子は、欲がすべて落ちたように隠していたお金も差し出してボクちゃんとリチャードの前にひれ伏します。

しかし、実はそれもダー子の作戦だったのです。

 

父として現れた人間はダー子が雇った偽物でリチャードとボクちゃんのこれまでの分け前も一緒に被害者に返すと言って持ち去っていったのです。

届けられた金を前に最後までダー子の高笑いは続くのでした。

もちろんダー子は捕まらず、何も知らないリチャードとボクちゃんは騙された事にも気づきません。

さて、最終話にはダー子の七変化は登場したのでしょうか?それはドラマを見てのお楽しみ!

スポンサードリンク

コンフィデンスマンjp最終回へのネットの感想は?

さて最終回へ向けてファンのネットの感想も集まりつつあります。

代表的な感想をピックアップしてみました。

A さん
信じていた2人に裏切られショックを受けるダー子きっとあるね!

B さん
最終回に江口洋介が主人公3人に復讐を果たそうとする流れじゃないと納得しかねる

C さん
ほんと面白いし脚本家の力すげえ

D さん
でも評判に数字が伴わなかった

E さん
東出くんがとことんいじられるのが面白い!

F さん
長澤まさみはやり切りすぎててめっちゃ好き

出典:Twitter

まとめ

「コンフィデンスマンjp」最終話の結末は、仲間割れて戦う展開にハラハラドキドキの1時間になりそうです。

しかし、すべて予測してしまう天才詐欺師のダー子を上回る詐欺師はいなかったのです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください