チアダンのなまりは何弁で何県の言葉?方言がひどいけど正しいの?

ドラマ「チアダン」で土屋太鳳さんをはじめ出演者のほとんどがしゃべっている方言がどこの言葉なのかが話題になっています。

ネットでは「どうしても可愛いとは思えない」とか「違和感ありまくり」などのコメントが相次いでいるのです。

「チアダン」のなまりは何弁で何県の言葉なの?方言がひどいけど正しいの?と云う疑問をまとめました。

スポンサードリンク

チアダンのなまりは何弁で何県の言葉?

ドラマ「チアダン」で話されている方言は福井弁です。

このドラマに登場する福井西高校が福井市内にある高校として設定されていることから出演者のほとんどが福井弁を使うことになっています。

もっとも福井県には福井市を含む嶺北地方で使う福井弁と、敦賀市や若狭など嶺南地方で使われている嶺南方言の2種類の方言があるそうですがドラマで使われているのは福井弁です。

福井弁の特徴は、「が」が「んが」のように鼻濁音になることと、「先生」を「しぇんしぇえ」、「千円札」を「しぇんえんさつ」と発音するなど「せ」を「しぇ」と発音すること。

更に、福井弁には言葉をアクセントで区別することがなく、「橋」も「箸」も「端」もすべて同じ発音をします。きっと言葉の意味を文脈で聞き分けているのですね。

方言がひどいけど正しいの?

「チアダン」の中で使われている福井弁はほぼ正しい使い方をされていると思われます。

しかし、「福井弁がみんなだんだん上手になってきている気がする」「ずいぶん聞き慣れてきました」と云う声がある一方で、地元の人を中心に「福井弁て真似するの難しいよねってなります」とか「福井弁ってあんなじゃないよね?」という意見も多く投稿されています。

更に、年配者は、「(福井弁は)語尾に『〜やざぁ』とか『〜やがのぉ』『〜やって』みたいな、標準語でいう『です、ます』が付くんだけど、今の若い子はほぼ標準語やざぁ」とコメントしています。

結局、ドラマを見た人の感想は「しょうがないよ、だって福井の人じゃないもん」という意見に集約されそうです。

スポンサードリンク

それよりも気になること

方言に関しては、ストーリーが進むにつれてさほど気にならなくなった、というところでしょうか。

ただし、内容に関しては気になることがあります。

それは、オダギリジョーが演じている漆戸太郎が過去の生徒とのトラブルを引きずり過ぎていることです。

チアダンス部の顧問になって過去の失敗が漆戸教諭の胸に蘇るのは解るのですが、度が過ぎるように思えるのです。

ドラマ「チアダン」の元気いっぱいでハツラツとしたイメージが台無しです。

4話では漆戸太郎も藤谷わかばにように弾けてほしいものです。

まとめ

ドラマ「チアダン」で使われているなまりは福井県の方言福井弁でした。

初回はちょっと違和感が感じられたなまりでしたが、回が進むにつれて慣れてきたような気がします。

土屋太鳳さんが「まれ」で話していた能登弁も最初は違和感がありましたが、途中からはいい感じになってましたからね。

それより漆戸太郎が福井弁を元気にしゃべる姿を早く見たいです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください