チアダン阿川佐和子(校長役)の旦那(夫)や子供は?若い頃についても

ドラマ「チアダン」に阿川佐和子さんが校長役で出演します。

ネットでは「陸王以来だね!」とか「また阿川佐和子さんの元気な演技が見られるの?」などと期待する声で溢れています。

「チアダン」に出演する阿川佐和子さんの役柄、プロフィール、旦那や子供、若い頃についてもまとめました。

スポンサードリンク

チアダンで阿川佐和子が校長役!!

「チアダン」で阿川佐和子さんが主人公・藤谷わかば(土屋太鳳)が通う県立福井西高校の校長・蒲生駒子(がもう・こまこ)役で登場します。

現在は「ほとけの駒子」と言われるほど穏やかで温厚な人柄で通っていますが、実は昔、水泳でオリンピック選手を育て鬼教師と呼ばれた程の熱血漢だったのです。

チアダンス部を創り「全米制覇」を目標に据えて頑張るわかばを見て、心をつき動かされ応援することになります。

 

今回で連続ドラマに出演するのは2回目となる阿川佐和子さん。

昨年秋の「陸王」では元気に縫製工場のリーダー役で感動させる巧い演技を見せてくれていました。

とてもドラマ初出演とは思えない慣れた演じ方でしたね。

 

普段は、小説家、エッセイスト、タレントとして活躍している阿川さん。

現在放送中の日本テレビのドラマ「正義のセ」の原作者でもあるのです。

知性豊かな阿川佐和子さんが校長先生役なんてイメージにぴったりじゃないですか!

阿川佐和子のプロフィール

1953年11月1日に小説家の阿川弘之氏の長女として生まれた阿川さんは慶応大学文学部を卒業後、1981年にTBS朝の情報番組「朝のホットライン」でリポーターを務めたのを最初にタレントとしてテレビ出演を始めます。

「筑紫哲也 NEWS23」「報道特集」のキャスター、「ビートたけしのTVタックル」の進行役と長い間テレビではお馴染みの顔となっていました。

一方で、檀ふみさんとの共著「ああ言えばこう食う」「聞く力」など文筆家としても活躍されていました。

現在64歳になった阿川佐和子さんですが、毎週土曜日のTBS「サワコの朝では各界の著名人をゲストに軽妙なおしゃべりでファンを魅了させてくれます。

スポンサードリンク

旦那(夫)や子供は?若い頃についても

20代からコマーシャルで活躍していた阿川佐和子さん。

親友の檀ふみさんと共演した味の素のCMが注目されました。

 

このCMから40年後の昨年2017年5月に突然、週刊誌の独占記事で入籍を発表した阿川佐和子さん。

お相手は2013年まで慶応大学の教授だった方でした。

35年前に阿川さんが文筆業を始めたことに手ほどきを受けた先生だったらしいのですが、当時その方は既婚者でした。

テレビのレポーターやキャスターを務め世間から顔が知られた阿川佐和子さん。

長く忍ぶ恋の期間が続いたとのことです。

 

その後、原因は判りませんが25年間の別居を経てその先生は離婚したそうです。

世間ではあまり騒がれていませんが「不倫の末の略奪婚」だったのでしょうか?

ですから事実は判りませんが、結婚した二人に子供がいるという話はありません。

まとめ

ドラマ「チアダン」に校長役で出演する阿川佐和子さんは、長年の恋を実らせたロマンチックな情熱の持ち主でした。

女優としても、またタレントや小説家としても活躍する才能ある阿川佐和子さんの力量が発揮されるのはきっとこれからなのでしょうね。

「チアダン」で校長役の阿川佐和子さんの演技を見るのが楽しみです!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください